1人でも楽しめる農家民宿にはどんな種類があるのか

おひとり様OKな農家民宿を体験しよう!

農家民宿は他の施設とどこが違うの?

農家民宿にも、その運営している方々の考え方によって、様々な形態があります。 旅館の様に食事の提供がある宿もあれば、宿泊者も参加して料理を作り、配膳するということを必須とされている宿も存在します。 宿泊時に使うアメニティについても、持参する必要がある場合もありますので、事前にチェックが必要です。

農家民宿にもタイプがある

宿泊施設として、旅館業法の規定に沿った施設である農家民宿ですが、タイプはいろいろです。 農業を営む方の自宅(農家)の一角を宿泊用に提供しているタイプや、使用されていない古民家や校舎などの建物を宿泊施設にリニューアルして使用しているタイプがあります。 また、受け入れる客数も様々です。

農家民宿に泊まる時の注意

みなさんは「農家民宿」をご存じですか?
「農山漁村滞在型余暇活動のための基盤整備の促進に関する法律(略して「農山漁村余暇法」)の定めにのっとり、農林漁業を営んでいる方もしくはその組織する団体によって運営される、体験型宿泊施設のことです。
よく耳にする「農泊」を体験できる宿泊施設の形態の一つです。
「農業民宿」は、宿泊施設を「業」として運営しています。
旅館業法に規定される許可を得ていないと営業できません。
対して「農家民泊」は、農業を営んでいる方の自宅等に宿泊する形態です。
「農家民宿」との違いは、「業」ではなく、旅館業法の管轄ではありません。
そのため、宿泊する方から宿泊料の徴収は出来ないことになっています。
しかし、提供する食事代金や体験料金については徴収が可能です。
ホームステイをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。
売り上げとしては小さく、また、年間180日しか営業できないというデメリットもありますが、旅館業法の許可を必要としないため参入しやすいというメリットがあります。

「農家民宿」と「農家民泊」いずれも「農泊」というジャンルにカテゴライズされる宿泊施設ですが、浴室や居室、トイレなどの設備に違いがあるので、予約する際には前もって確認しておくようにしましょう。
ホテルステイに近い設備を求めるなら「農家民宿」、滞在先のご家族との交流も旅の目的とするならば「農家民泊」といった感じでしょうか。


一人でも宿泊できる農家民宿

一日の受け入れ人数が一組4名までといった少人数に限定している農家民宿の場合、一人での宿泊は受け入れないところが多いようです。 宿泊したいけど、どうしても友人の都合がつかないとお悩みの方必見! おひとり様でも受け入れてくれる農家民宿を探してみました。

TOPへ戻る